忍者ブログ

2017
10
23

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/23 (Mon.)

2011
05
19

APE50(FI) PGM-FIについての考察

~エイプ50FIのインジェクション機構について~

ご注意:これは管理人がサービスマニュアルとネット上の情報を元に
個人的に作成した考察であり、その内容には間違いがある
可能性も充分あります。



  HONDA PGM-FI


「各種センサとその役割」

O2センサ
排出ガス内の酸素濃度を計測し
その情報から燃料噴出を調整することで空燃比を一定に保つ。
急激なアクセル開閉操作を行った際の開弁補正を行う。

油温センサ
エンジンオイルの温度上昇を感知して燃料噴出を調整する。
油温が100℃を超えると意図的にパワーを絞る命令を出し、
エンジン本体の焼き付き・損傷を防いでくれる。

吸気圧力センサ
吸気負圧を検知し 吸入空気圧を推定することで
エンジンの空燃比を最適に保つ。

スロットル開度センサ
ライダーのスロットル操作を数段階の開度で検知する。

吸気温度センサ
取り込んだ大気の温度を検知し燃料噴出を調整する。

バンクアングルセンサ
車体の転倒を感知しエンジンを強制停止する。
転倒はECUに記録され履歴として残る。



 「命令伝達と記録」

O2センサ以外の検知情報は一度ECUに電気信号として送られ、
そのデータと過去の記録を元にECUが燃料噴出量と
タイミングを割り出す。その後O2センサからの検知情報を参照し
規定範囲外であれば燃料噴出を補正するよう命令を出す。
このように検知された情報と それによってECUが判断した
燃料噴出量・タイミング等はECUに随時記録され、
そういった過去のデータも参照しつつ最適な燃調を割り出している。

拍手[4回]

PR

2011/05/19 (Thu.) Comment(0) エイプ50日記

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カウンター


カテゴリー

プロフィール

HN:
hats89
性別:
男性
趣味:
ゲーム、音楽、映画etc
自己紹介:
オートバイを楽しんでいます!
現在オフロードバイクでハードエンデューロを中心に挑戦中!
まだまだ初心者ですががんばります!

リンク

最新CM

[01/07 ハット(管理人)]
[01/06 名無し]
[01/05 ハット(管理人)]
[12/31 ムラタ]

RSS